雑記ブログは意外と難しい。生活情報ブログにしたくない人向け

アフィリエイト初心者が最初に取り組みやすいといわれる「雑記ブログ」は、簡単なように見えて意外と難しいですね。

なんでこのブログがあまり更新されていないかというのも更新するネタがないから。

いや、書こうと思えば書くことは出来る。たしかに文章を書くのは簡単なんだけれども、それでアクセスを集めようと思うと難しいわけですよ。

自分の生活情報を切り売りするにはそれだけ行動を起こさなければならないし(YouTuber系)、何かの出来事に対する自分の意見を書くというのも、よほど的を射た意見でない限り事件と関係ない第三者の意見なんて誰も興味を持たないから微妙。

それでアクセスを集めようと思うと、結局オールジャンルの生活に役立つ情報ブログになってしまうのではなかろーか。トレンドネタでよければ雑記ブログでもアクセスを集められると思いますが、お役立ち情報を毎日考えるのもそれはそれでかなり大変である。

そう考えると専門的な特化型ブログは、その内容について勉強すればいいだけなのである意味簡単なのかもしれない。

スポンサーリンク

ニュースに対する意見記事は無駄

よっぽどニュースに対して言いたいことがあるのならいいんですが、アフィリエイト目的のブログで「物申す」的な記事は全くもって不要。

みんなが自分の意見に興味を持って読んでくれるなら、私がニュースに対して書きたいくらいですよ。ちなみにこの記事を書いているときに思うことがあったニュースは↓の2つ。


で、なんでこれらについて書かないかというと、誰も興味がないから。

よくあるブラック企業ネタに言及する際も、その業界の中では有名人だとか、プロとして職に就いているとか、そういう “価値” を持っている人間の意見だから興味を持つわけ。

他にもアフィリエイターやブロガーなら馴染みが深い『WELQ』を始めとするキュレーションメディア問題のときでも、大きく取り上げられたのはヨッピーさんのような元々有名だった人や実際にキュレーション記事を作っていた当人の暴露ブログだった。

何のステータスもない私のような人間が日記を書いたところで何の意味もないんだよなぁ。

雑記ブログは1個でいい

専門的なことは特化型のブログに書けばいい。

じゃあ、専門的じゃないことは何に書くか?そんなときに雑記ブログに記事を書く。
◯◯がマジで面白いからとにかく紹介したい。そんなときにも雑記ブログに記事を書く。
誰も興味が無くてもとりあえず日記を書きたい。そんなときでも雑記ブログに記事を書く。

とりあえず雑記ブログだからなんでもかんでも書いとけばいい。

でもここからアフィリエイトしようとか、アクセス集めようと思うとかなり難しいよね。

雑記ブログは書きたいと思ったことを書き続けることになるので、常にネタを探し続けなければいけないし、楽しく読んでくれるような固定ファンを作ることも大事になってきます。

 

 

それはつまり、

 

つまらない人間は雑記ブログでアクセスを集められない。

 

 

ってことを意味する。生活情報ブログにしたくない人は、自分の経験したことを記事にしていくしかなく、そこで偶然読んでくれた人に自分への興味を持って貰わなければならないのである。

  • 映画を見たら、映画のレビューをする。
  • 旅行に出かけたら、旅行先のレポートを書く。
  • 本を読んだら、本に対する批評を書く。
  • 少し珍しい生活道具を買ったら、その商品名で紹介をする。

こんな感じの記事で。アクセスはいずれ後からついてくるものと考えるしかない。私の場合、雑記ブログでお金を稼ぐのは非常に難しいな~と思ったのでした。でも書くけどネ。

スポンサーリンク