Vtuberとファンの不思議な関係性?ファンからアンチに転向する理由

はいどーもー!

最近はYouTuberという単語を誰でも知っているように、Vtuberの存在も大きく知られて人気になっていますね!

Vtuberを簡単に説明すると、実写の代わりにアニメーションのキャラクターを設置して動画投稿しているクリエイター又はそのジャンルのことです。動画の隅っこにキャラクターを設置してゲーム実況をしたり、真ん中に大きく立たせて雑談配信をしたり、歌ってみた動画とダンスを投稿したり・・・どれか一度くらいは見たことがあるかと思います。

ちなみに最近はYouTube広告でVtuber風のキャラクターが何度も登場し、あまりにもウザすぎるとネット上で話題になったことも(KENTY)

私もVtuberが好きな人間の中の1人でいろいろな動画を楽しく見ています。見た目から入るタイプなので、3Dモデルの割と大手のチャンネルしか見ていないのでにわかですが。

それにしてもVtuberっていうのはかなり変な存在です。

ファンはキャラクターが好きなのか、それとも中の人が好きなのか、はたまた全部含めて好きなのか?と本人たちもいまいち理解できていないような印象を感じるんですよね。

炎上(?)するVtuberを見かけることも増えてきたので、Vtuberとそのファンについて思うことを色々書いていきたい。

スポンサーリンク

YouTuberとVtuberの境界

まずは何を持ってしてVtuberというのでしょうか。

ただの動画にキャラクターを貼り付ければVtuberなのか、高い費用をかけた3Dモデルをモーションキャプチャーで動かし、キャラクター性を付加してようやくVtuberと名乗ることを許されるのか。

恐らくこれは「私はVtuberです」と自称すればVtuberということでいいのだと思います。

キャラクター設定と中の人との関係性

Vtuberがいくらバーチャルなキャラクターといっても、中の人との関係性は切っても切り離せない。

Vtuberには様々なキャラクター設定がありますよね。例えば、人間に見えるけど人工知能で動いているだとか、見た目は10代に見えるけど年齢は3歳ですとかそんな感じの。

とはいえ、中の人が確実に存在するのだから3歳なわけがないわけで・・・。

特に編集された動画ではなく生放送をメインとしている場合、キャラクター設定よりも「中の人の声質や話し方」「中の人の人間性」等がファンの獲得に繋がっています。そういう面で見ると、当然ガワより中の人の方が重要度は高いと言えるよね。

しかしそれとは別に、モデルのレベルが高ければ高いほど中の人の力以外で人気となりやすい。軽く悪口を言っても見た目が可愛い場合は許されやすいし、ゲームで沼プレイを繰り返してもイライラリスナーが現れにくく、可愛いので逆に愛される。

Vtuberはアニメのように完全に作られたキャラクターではないけれども、中の人なんていないという設定なのでリアルな人間とも少し違う不思議な存在なんです。

Vtuberのファンがアンチになるとき

人気Vtuberの多くは企業と契約し、アイドルのような売り方をしているものがたくさんある。モーションキャプチャー以外にも3DCGを用いて、アニメのような動画を作っている場合もあります。

それにしてもなぜ急にファンが冷めてしまうことがあるのだろうか。もはやファンなのかアンチなのかわからなくなっている人もいるんですよね。

Vtuberの前世発覚

完全な素人からVtuberになるのは珍しいようで、多くの人気Vtuberは元ニコ生配信者だったり声優事務所所属だったりして中の人が特定されてしまっています(間違いや嘘もある)

それで何が起きるかと言うと、これまで自分の中で作ってきたキャラクターイメージが崩れ、実在する人物とのギャップにファンは困惑することになる。

ファンとしては別に中の人が誰かなんて知りたくもなかったし、どういう顔・性格をしているかなんて特別視していなかったはずなのに、現実を突きつけられるとショックを受けてしまうことがある。

ファンからアンチになる人は中の人なんてどうでもいいと言いつつも、心のどこかで「きっと中の人もキャラクターのように可愛くて、清純なんだ」と期待していたため、裏切られたと感じるのかもしれません。もちろんそんな人は少数派だと思うけれども。

なんだか芸能人の結婚報道等で金返せ!と言っている人たちと似ているね。

ピュアな心の持ち主は注意が必要

他にも「私は2歳です」「私は巫女です」といったわかりやすく作られたものなら、これは設定であると理解して中身もそうだとは誰も思わないのに、

「私は17歳の現役JKです!」

と言われると中には信じてしまう人も出てきちゃうんですよね。特に生放送でさりげなく、

「昨日、放課後に友達と帰り道で話してたんだけどねー?」

なんて話しているのを聞いて「え、本当に高校生なんだ!」といったコメントやSNSのつぶやきを見ると少し悲しくなります。いつか中の人を知ってショックを受けるんだろうなって。実際に中の人が30代なのをバレたこともあったし、昔の動画がバレて性格悪いと言われてしまう人もいたり。

元々Vtuberじゃなかったときは平気でシモネタ発言したりリスナーと煽りあいすることがあっても、企業のVtuberとなれば色々と制約もあるだろうし、同じことをしていてもモデルのおかげで可愛い可愛い言われるようになるので前世とはかなり違って見えてしまう。

中身がバレたところで実質ノーダメのことも多いけれど、ピュアな人はちょっとショックを受けるかもしれない。ファンとして応援し続けるにはその辺のギャップを割り切る必要があるんですね。

Vtuberの中の人の交代

Vtuberブームの発端の一人であるキズナアイさんですが、気付けば中の人が4人になっています。他にも有名なゲーム部プロジェクトもモデルはそのままで中の人が全員交代されていたり。

しかしいくらキャラクターの見た目や設定が同じでも、中の人が変われば声も喋り方も癖も全然違います。ファンが困惑するのも当然といえる。

これが実写の人間であれば交代は不可能だし、アニメキャラの声優交代であれば同じような状況にはならない。今はファンが声優の交代に慣れたのか、それとも合わないファンが離れたのか、少しずつコメント欄も安定しているようだけど、当初は頻繁にファン同士のバトルが繰り広げられていた。

また、上の例とは関係ないけど、Vtuberはリアルイベントとも相性が悪いんですよね。

いきなり中の人が会場に出てきてもそれはなんか違うし、リアルライブ等で録画映像を流されてもこれまた微妙だし・・・Vtuberというのはすごく曖昧な存在で難しい

さいごに

Vtuberについて思っていたことを長々と書いてみました。

私は頭の中を空っぽにして動画や配信を楽しく見ていますが、中の人を知って大きくショックを受けるほどのめり込む気持ちはよくわかりません。あちこちイキり散らして炎上した人は知らない。

Vtuberの総数は9000人近くなって割と飽和気味、市場が大きくなってファン層も増えてきてさらに成長するのか、それとも衰退していくのか。週刊誌のゴシップのようなネット記事を見ると、少しずつ芸能人のような仕事になってるんだなぁって感じますね。

あとイラストをペタッと隅っこに貼ってあるだけだと普通の動画投稿者・配信者と一緒じゃね?って常々思います。

人によって違うとは思うけど、やっぱりモデルのリアクションや動き(モーション)はVtuberの大きな魅力の一つだと思うので。

 

 

あ、最近はガリベンガーVにハマってます。

スポンサーリンク