お名前.comのドメインをエックスサーバーに反映させる方法

ドメインを取得してレンタルサーバーを契約したら、Webサイトを表示させるためにドメインをレンタルサーバーに登録する必要があります。

ドメインとレンタルサーバーが同じ会社であれば登録するだけでWebサイトが表示されますが、違う会社の場合はDNSサーバーを反映させなければいけません。

しかし、各企業の価格やメリットを考慮すると、レンタルサーバーでドメインを取得する人は非常に珍しいでしょう。そこで、今回は私が契約している「お名前.com」のドメインを「エックスサーバー」に反映させる方法を順番に解説していきます。

ドメインをエックスサーバーに登録する

まず最初にエックスサーバーにドメインを登録しましょう。

公式サイトで説明されているものもありますが、わざわざ探しに行くのが面倒な方のために簡単に説明していきます。

まずは「サーバーパネル」にログインし、ドメイン設定を選択。

0126a

次にドメインの追加設定を選択して取得したドメインを入力します。

0126b

これでドメイン一覧に表示されれば登録完了です。「.com」でない場合は右側のプルダウンメニューから選択しよう。

ドメインのネームサーバー(DNS)を変更する

DNSサーバーについて詳しく理解するのは難しいですが、ドメインのネームサーバーをエックスサーバーと同じにすることでネームサーバーはデータの取得が可能になります。

これはお名前.comとエックスサーバーが利用しているネームサーバーが違うために必要な作業です。(どこを利用しても違うのが普通)

ドメイン名とサーバーのIPアドレスを紐付けするためのものをDNSサーバーと呼び、これを設定することであなたのブラウザにWebサイトを表示することが出来るということです。この辺の意味はわからなくても特に問題はありません。

サーバー情報でエックスサーバーのネームサーバーを確認する

0126c

ここではCPUやIPアドレスなど、自分のサーバー情報が表示されます。

確認する必要があるのは一番下に表示されているネームサーバーだけ。以下のように表示されるはずなので確認しておきましょう。

0126d

ネームサーバーの情報を、お名前.comのドメインに入力する

先ほど確認したネームサーバーを入力するため、「お名前.com」にログインしてドメイン設定へ。

スクロールしていくと「ネームサーバーの設定」があるので、その中の「ネームサーバーの変更」を選択します。

0126e

自分の取得したドメインが一覧で表示されるので、変更するドメインにチェックをいれてから「他のネームサーバーを利用」を選択。

登録情報が正しいかどうかの選択が出ている場合は、手続きを進めるを選択すればOK。

0126f

上の画像のようにお名前.comのネームサーバーからエックスサーバーのネームサーバーに全て変更しよう。変更作業は以上で完了です。

入力してから変更が反映されるまで最大で72時間程度かかることがあります…と表示されるかと思いますが、実際には1~2時間程度で表示されることがほとんどです。

ローマ字が1個抜けているだけでも正しく反映されません。24時間経ってもページが表示されない場合は、設定がどこか間違っていないか見直すことをおすすめします。

エックスサーバーにWordPressをインストールする方法については以下に書きました。まだの方はどうぞ。

お名前.comのドメインをエックスサーバーに反映させる方法

2016.08.28