エックスサーバーにワードプレスをインストールする簡単な方法

独自ドメインを取得をした後、エックスサーバーのDNS設定が出来たらWordPressのインストールです。WordPressをインストールする方法は以下のニ通り。

  • サーバーに直接アクセスしてファイルをアップロードする
  • サーバーのインストール機能を使う

操作に慣れれば手動で直接アップロードすることも可能ですが、エックスサーバーは便利な「自動インストール」という機能がついています。コレを使わない手はありませんね。

エックスサーバーのインストール方法と、WordPressをインストールする際に気をつけたいことについて説明していきます。順番に操作していくだけですぐに終わります。

[right_link image=”arrow1-b” url=”http://ziyulife.com/onamae_xserver” target=”blank”]お名前.comのドメインをエックスサーバーに反映させる方法[/right_link]

エックスサーバーのWordPressインストール手順

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

まずはエックスサーバーのサーバーパネルにログインしよう。

ホームページという項目の中に「自動インストール」という表示があるのでこれを選択します。

20160206a

ドメインを複数取得している場合は一覧が出るので、その中からWordPressをインストールしたいドメインを選択する。

20160206b

選択するとインストール済みプログラムの一覧が出ますが、恐らく何もインストールされていないと思いますので、「プログラムのインストール」→「WordPress日本語版」を選択する。

20160206c

プログラムのインストール設定

インストール設定ではいくつかの入力項目があります。

サイト名などはこれから長く利用するものなので慎重に決めたいところですが、サイト名はもちろんIDやパスワードも後から変更可能なのでそこまで心配しなくてもOK。

必要な項目を順番に入力していきましょう。

20160206d

※①インストールURLについて

WordPressの解説書やSEO本では、ドメイン名の後ろに「wp」などのサブディレクトリと呼ばれるものを作ることを推奨していることが多いです。

しかし、サブディレクトリを作ることでWebサイトのURLが変更されてしまうという弱点があります。

例えば「wp」をインストールURLに指定した場合、サイトURLが「http://ドメイン名/wp」になってしまうということ。これはイヤだなぁと感じる方が多いのではないでしょうか。

そのため、私はいつもルートディレクトリと呼ばれるドメイン直下に直接インストールしています。サブディレクトリを作らずインストールをしたことで不利益を感じたことは全くありません。

また、後から.htaccessやindexを直接編集して表示を変更することも可能ですが、ある程度パソコンに慣れていないとかなり面倒な作業になってしまいます。もし後から変更したい場合は以下の記事を参考にして下さい。

全て入力して確認画面に問題がなければインストールを確定しよう。下の画面が表示されればインストールは無事完了です。

20160206f

さいごに

無事インストールは出来たでしょうか?

WordPressは一度インストールすれば後はブラウザ上で更新するだけ。記事を追加したければ投稿画面から記事を公開するだけなので非常に簡単ですね。

エックスサーバーはアフィリエイター御用達の快適なサーバーなのです。