WordPressの初心者におすすめのレンタルサーバーとは?

WordPressを運用するにあたって、まずはレンタルサーバーを借りる必要があります。

しかし、どこのサーバーがいいのか何を見たらいいのかと、初めての場合は選び方がわかりませんよね。ドメインはどこで取得してもサイト的には同じことですが、レンタルサーバーは会社やプランによってサービスが大きく異なります。

というわけで、レンタルサーバーを選ぶ時のポイントや、オススメのレンタルサーバーについて簡単に解説しようかと思います。

今のレンタルサーバーはどこも高性能になってきてはいるものの、やりたいことが出てきたときやアクセスが増えたときこそ、レンタルサーバーのスペック差が出てくるのです。

※当ブログでは「エックスサーバー」を利用しています。

レンタルサーバーの選び方

WordPressを始め、アフィリエイトでこれからWebサイトを運営していくために、最低限見るべきレンタルサーバーのポイントは以下の3点です。

  1. MySQL(データベース)が利用出来るか
  2. 独自ドメイン(マルチドメイン)の登録可能な数
  3. 容量と転送量は充分か

他にも価格や使いやすさなどの選ぶポイントはありますが、とりあえずは確認必須なレンタルサーバーの選び方について解説していきます。

MySQLの利用とは?

WordPressはHTMLで構成するWebサイトとは違い、PHPコードによって出力された動的なWebサイトです。そのため、WordPressをサーバーにインストールするためにはMySQL(データベース)が使えるということは必須になります。

基本的には1個のWordPressのサイトにつき、データベースが1個必要です。

1個のデータベースに複数のWordPressをインストールすることも可能ですが、エラーの発生やアクセス数減少の可能性が報告されていますのでやめた方がいいでしょう。

格安のレンタルサーバーや、格安プランではMySQLは使えないことが多いので注意して下さい。

マルチドメインの登録可能数とは?

独自ドメインは一つのサイトにつき、一つ登録する必要があります。(サブドメイン除く)

マルチドメインの登録可能な数だけ、一つのサーバーで独自ドメインを管理することが可能です。マルチドメイン数が5個なら5個のWebサイトということですね。

アフィリエイトで独自ドメインのサイトを多く作る予定であれば、マルチドメインの登録可能数が多いサーバーを選んだほうがいいでしょう。

容量や転送量は充分?

Webサイトのページを増やしていくとサーバーの容量を使い、Webサイトにアクセスが来ることによってサーバーには負荷がかかります。

このアクセス負荷に耐えられる基準が転送量です。

毎月100円のようなレンタルサーバーではすぐ容量がいっぱいになったり、アクセスが急増したときにエラー発生の原因になりますので、容量・転送量ともに50GB以上はあるプランがオススメです。

これだけあれば1万記事を超えても、月100万PVあっても問題ありません。特にアクセス数はいつ急増するかわかりませんので重要なポイントなんですよ。

価格と性能でレンタルサーバーを選ぶ

レンタルサーバーはたくさんありますので、全てのサーバーから選ぼうとすると中々決まらず悩んでしまうもの。

そこで、私が今まで使ったことのあるレンタルサーバーを2つだけご紹介します。

さくらのレンタルサーバ(スタンダードプラン)

0727a 月額 初期費用 容量 転送量
515円 1029円 100GB 80GB/日
マルチドメイン MySQL サポート 自動インストール
20個 20個 電話サポートあり

さくらインターネットは国内最大級のインターネットサービス事業を行っている老舗企業で、信頼性と安定感は抜群です。

私がウェブのことを何も知らないときに「昔からあるところなら安心だろう」と思い、初めて登録したレンタルサーバーでもあります。

今までさくらで数年間運用してきて特に問題が起きたこともありませんし、サポート面も○。料金もそこそこ安く、性能も必要十分とまさに無難なレンタルサーバーと言えます。

弱点はドメイン登録可能数が少ないところ、HTMLサイトでは超高速でもWordPressの転送速度がやや遅めなところでしょうか。

⇒『さくらのレンタルサーバ

エックスサーバー(X10プラン)

0727b 月額 初期費用 容量 転送量
1080円 3240円 200GB 70GB/日
マルチドメイン MySQL サポート 自動インストール
無制限 50個 電話サポートあり

エックスサーバーは低価格帯なのに高スペックなところ、特に転送速度の速さが人気で多くの人に利用されているレンタルサーバーです。

マルチドメインも無制限なので、独自ドメインのサイトを量産することも可能です。個人的にはアフィリエイター御用達のレンタルサーバーという印象がありますね。

電話サポートや自動インストールなどの初心者に必要な機能に加え、バックアップ機能サイト高速化機能(mod_pagespeed)などの自分でやるには面倒な便利な機能もついています。

リアルタイムで1000アクセスとか2000アクセス来ても楽勝です。


初めて使うレンタルサーバーだと月額1000円でも少し高いと感じるかもしれませんが、これからアフィリエイトサイトを運営するつもりであればこれくらいのスペックは欲しいところ。

特に回線速度が他のレンタルサーバーと比べて早いのが特徴で、複数のWordPressやHTMLサイトを運用する予定(小~中規模サイト)だとしてもX10プランで充分すぎるほどです。

 

レンタルサーバーの移転は大変なので、できるだけ後悔しないサーバーを選びたいものです。

一般的に「Webサイトを開いてから表示されるまで3秒を超えると離脱率が急激に上がる」と言われていますので、回線速度の速さは非常に重要なんですよね。

アフィリエイトを本気でやりたい、独自ドメインをたくさん取得していくつもりであれば、快適に運用できる「エックスサーバー」がおすすめです。

1 個のコメント

  • おはようございます。
    ランキングから来ました。
    アフィリエイトされている方は、Xサーバーをすすめる人多いですよね。
    それだけ信頼度が高いサーバーなんだと思います!
    またお邪魔します!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です