アフィリエイターよりもYouTuberの方がいい?キュレーションサイトによって強みが浮き彫りになった

「仕事をやめてネットの広告収入で暮らす」

そういうと、ほんとによく質問されるのがこの言葉。

  • 「もしかして、最近流行りのYouTuberになるの?」
  • 「YouTubeの広告で稼ぐ的なやつ?」

私は広告収入と言えばアフィリエイトだと思っていますが、アフィリエイトという単語に良いイメージを持っていない人も多いんですよねー。

しかしそのたびにアフィリエイターの仕事内容を一々説明するのも面倒くさいので、「何をやって稼ぐの?」と聞かれたら「Web広告の仕事」と私は説明するわけです。すると、かなりの高確率で「もしかしてYouTuber?」と聞かれてしまうわけです。

こんな感じで、最近は「ネットで稼ぐ=アフィリエイト」ではなく「ネットで稼ぐ人=YouTuber」というのが一般人の認識になっているような気がして、ちょっと驚いています。

昔からネットサーフィンや2ちゃんねる掲示板などが好きだった、いわゆる私のようなオタク?非リア?からすると「ネット広告=アフィリエイト」という認識は今でも変わっていないと思っていますが、テレビで取り上げられることも多くなった「YouTuber」という職業を認知している人は非常に多いんですよ。

アフィリエイターとYouTuberのどっちがいい?

ネットの広告についてあまり詳しくない人が疑問に思いやすいことは、

「アフィリエイターとYouTuberは何が違うの?どっちの方がいい仕事なのか?」

という内容です。しかし、この2つの職業はお金の入る仕組みがほとんど同じとはいえ、少し考えれば全然違う仕事内容で求められる能力も全く違うってことはすぐにわかります。

あなたはどっちの方が良い仕事だと思いますか?

将来性や収益や気楽さなど諸々含めた上でどっちの方がいい職業なのかということについて、アフィリエイトの方が良いに決まってるだろ(笑)と私は思っていたんですが、キュレーションサイト(他人の記事を引用してまとめるだけのサイト)が次々と登場して検索上位に表示されているのを見て、もしかしてYouTuberの方がいいんじゃね?と思い始めてきました。

その理由について書いていきます。

YouTuberとアフィリエイターの仕事内容の違い

知らない人のために一応説明すると、YouTuberという仕事は基本的に自分の顔を出して、みんなが面白いと感じる動画を作って投稿するのがメインです。顔出ししないゲーム実況も、どれだけ面白く実況できるかにかかっています。

YouTuberの報酬金額は再生回数によって決まるといっても過言ではないけれど、人気が出ることによって企業とのコラボが実現するほか、イベント出演や本の出版といったオファーが舞い込んでくることでさらに稼ぐことが出来る…。

つまり、YouTuberというのはネット上のタレントで、わかりやすく言えばお笑い芸人(ネットVer.)みたいなものです。たくさんのお金を稼ぐためには自身が人気者になる必要があり、人間性か話術のどちらかがある程度のレベルでないと成功しないでしょう。

さらにおっさんになったらどうすんの?とか、人気がなくなったらどうすんの?とか、YouTubeなくなったらどうすんの?と将来を疑問視されることが多い。


対してアフィリエイターは誰かの役に立つWebサイトを作り、誰かの悩みを解決するような記事を作るのが仕事です。

顔出しをする必要はなく、面白い内容でなくとも誰かの役に立つ記事であればよく、アクセス数が少なくても検索ワードや文章力によっては大きな収益を得ることが出来る。サイトの記事を書いている人がどんな人物かはそこまで重要視されず、質の良い文章を書ける人ならガッツリ稼げるのがアフィリエイト。

だからいくら声がキモかろうが、誰もが嫌悪感を覚えるキモい顔面をしていようが、やることさえやっていれば関係なく稼げる仕事がアフィリエイターです。

文章は人間と違って衰えないので、「おっさんになったらどうすんの?」と将来が不安視されやすいYouTuberよりもアフィリエイトの方が全然将来性もある…。アフィリエイトは社会的なリスクが本当にないんですよ。

キュレーションサイトがアフィリエイターを駆逐する?

とはいえ、アフィリエイトも良いところばかりではありません。YouTuberにはないアフィリエイターのメリットって、逆に言えばデメリットにもなりうるんですよね。

それは、「文章は誰でも書ける」ということ。

おっさんになっても文章は衰えない上に記事の内容が価値を持つということは、誰でも気軽に参入できるし簡単に盗用されるってことです。しかも個人情報が出ないので失敗するリスクもほとんどないし、別人のふりをしてサイトを作り直すことが可能。

さらに近年話題のキュレーションメディアは豊富な資産で専属ライターや外注ライターを雇って大量の記事を公開し続けるので、一個人が同じ土俵で対抗しても勝ち目はありません。『Naverまとめ』やDeNAの『WELQ』(今は閉鎖中ですが)を始めとしたキュレーションメディアの台頭によって、おまんま食い上げやで~!と嘆く人を多く見かけることからもそれはわかります。

ただ今は2ちゃんねるまとめが検索上位に居続けることは少ないし、Naverまとめもトップにいることは少なくなりました。本気でキュレーションに取り組んでいる大企業もDeNAくらいかと思いますが、もしもこれから多くの企業が本気でアフィサイトを作り始めて検索エンジン上位を埋め尽くすようになれば、個人のアフィリエイターは確実に死亡です。

まぁ、Googleの性格からしてそういう状況にはおそらくならないと思いますが、これからどうなるかは誰にもわかりませんからね。

YouTuberの強みは個人にある

しかし、YouTuberは「その人物がやっている」ということに意味があるわけで、他人が真似しても絶対に同じ内容になりませんし、他人の動画を引用してコンテンツを作ることが出来ません。

YouTuberは人物そのものがコンテンツの価値になっていて、企業が金にモノを言わせてYouTubeで儲けようと思っても非常に難しいんですよね。

やる気がなければYouTuberは絶対に務まらないし、顔出しをしたくない一般人がほとんどだろうし、外注記事のようなクソ安い給料で動画を作るわけがないからです。サイトの売買は出来ても、YouTuberの売買は出来ません。外注ライターという仕事はあっても、外注動画主なんてのはできようがないんですよね。

それにもしYouTubeが潰れたとしても他の動画サイトに移ることは可能だろうし、既に人気のYouTuberならタレント活動をすることも出来ます。

 

だからアフィリエイターよりも、個人という強みを持ったYouTuberの方が意外と将来も安定しているんじゃね?と思い始めてきたわけです。

今のYouTuberがおっさんになったらどうするかは知りませんが、これから企業が参入してきたり官僚の手が入りやすそうなWeb媒体(アフィリエイト)も、いつ稼げなくなるかわからないものです。