ニート歴2年と半年を超えて、遂に危機感を感じ始めた30代男性

1年半ぶりにこんにちは、相変わらずひきこもりニートのままのばくです。

仕事を辞めたあとは自称アフィリエイターとして生活していこうと決意するも、数ヶ月後には全てのやる気を失い、無気力ニートとなった私です。

で、タイトル通りですが、今年でもう30歳になるんですよねー。見てる方もほぼいないし、特に隠すことでもないのでもう書いちゃいますが。

「30歳貯金なしスキルなし無職ニート」ってもう・・・やばい。何がどうやばいか説明するまでもなく、字面から既にやばいよね。若者からおじさんになり、平成が終わって令和を迎え、2020年が目前に迫りつつあるのにニート続けてるってもうやばいよ(語彙力)

ってドヤ顔で言いつつも、何も行動してないんだけどね。

かなり久しぶりに文章を書いていますが、自分のことを語るだけのどうでもいい内容なのに何を書くべきか思いつかない。長いニート生活による脳の衰えってすごいね。あと単純に老化。

アフィリエイト等の現況報告

ブログ記事の更新は何もしていない。

WordPressを開くのもめんどくさくて、数ヶ月に一度思い出したようにプラグインの更新してたくらい。なんなら今書いているコレが1年半ぶりの記事だったり。

もちろん何もせずに収益が増えるはずもなく、少しずつ減っていく。

とりあえず先月の収入を確認してみたところ、大体35,000円くらいあるっぽい。これだともう税金だけで毎月赤字でどんどん減っていく一方になりますわな。

とはいえ、2年半もの間何もしなかったのにこれだけ入り続けていたのは逆にすごいのかも。まぁ、多少の収入があったからこそクソニート生活を続けてしまっている・・・とも言えるわけですが。

どっちにしろ元々貯金額も少なく、毎月貯金がなくなっていることには変わりないので割とピンチ。

ニートの出費

たとえ無職でも税金等はしっかりとられていくので、実家住みニートでもお金の悩みは尽きません。

かなり大雑把に書いてみますが、

  • 健康保険:7,000
  • 国民年金:17,000
  • 損害保険:5,000
  • 携帯料金:7,000
  • 実家寄生代金:30,000

くらい。なんやかんやで合計7万円くらいは毎月なくなるので、せめてそれくらいは稼げるようにしないといけないんですな。

一番高い年金については免除申請したけれども、兄弟が実家住みで働いているからか4分の1しか通らなかった。少し読んだ条件的には全額免除でもおかしくなかったような気がするけど、恐らく色々と条件があるのだろうそれ以上調べたり確認したりする気力もない。辛いね。

これからも自分はめんどくさい精神で損し続けるような気がする。退職当時は失業手当が貰える条件を満たしていたのに、面倒だからって理由でハロワ行かなかったこともあったくらいですよ。あのときたった月2回でも求職活動していれば数十万円は貰えていたのにね。アホだね。

とりあえず平和に暮らすためには、なんとかして10万円くらいは稼げるようにならなきゃって感じ。

ちなみに暇をもてあましたニートはネトゲやソシャゲをやるので、課金をしてさらに自分の首を締めていく。本当にアホだ。

「何もしない」をするニート

一見コイツうつ病かと勘違いされそうなほど「全てがめんどくさいおじさん」になってしまった私は、収益の確認すら面倒であまり見ていなかった。

一応1ヶ月か2ヶ月に最低一回は外出し、貯金残高の確認には行っていましたが(クレカ停止とか差し押さえとかもしあったら怖いからね)、中々引きこもりレベルが高いのではなかろうか。

そしてニートの呆れるところはやばいやばい言いながら、結局何もしないってこと。

「明日やろう」って毎日考えながら、1年以上過ごしてきた人間なので。多くの人にとっては「何もしない生活」は逆に難しいし、ある種の悲しい才能の持ち主と言っていいよね。

少し調べてみると無職期間2,3ヶ月目にして、暇すぎて仕事をしているよりも辛く感じたり、不安で押し潰されそうになる方も多いようだし・・・。


しかし、とりあえず今日、自分語りの記事をたった1個だけど書くことができたから「何もしない」からは脱せたかもしれない。

ちなみに病院へ行ったときのように職業を書かなきゃいけないシーンが稀にあるけど、私は無職にするか少し悩んだ後、いつも自営業に○をつけております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です